Ticket Price

Bar $25.00

Loge $25.00

Premium $35.00

VIP $45.00

ホノルルジャズカルテットはハワイのポストバップジャズの素晴らしい伝統の論理的な進歩です。このバンドは、現在15年目を迎え、2001年に地元のベーシストJohn Kolivasによって4人の志を同じくするミュージシャンを集めて、一貫した消えないサウンドを生み出すことを目的として設立されました。ハワイには多くのすばらしいジャズアーティストがいますが、第50州でジャズミュージシャンとして生計を立てることの経済学は、長期間にわたって一緒に仕事をしている同じグループのプレーヤーに資するものではありません。 HJQの4人のメンバーはまさにそのようにしました、そしてその結果は4つの個々の声が1つの独特で独創的な声 - ホノルル交響楽団の観客を感動させた声そして、ハワイ、カリフォルニア、シアトルの至るところで最高のジャズセッティング。 HJQのレコーディングとパフォーマンスは、伝説のジャズ作家Nat Hentoff、そしてBenny Golson、Rufus Reid、John Clayton、Jr.、Jeff Hamilton、Makoto Ozone、Glenn Moore、James Ingramなどのトップミュージシャンから賞賛を受けています。

Nat Hentoffによるライナーノート付きのHJQのアルバム「Tenacity」は2007年3月20日に全国でリリースされました。Nat Hentoffは次のように書いています。 2004年2月にHJQのデビューCD「Sounds Of The City」が自社レーベル(HJQ Records)で発売され、National Jazz Radio Topにデビューしました。 2004年3月の50 Chart(JazzWeek)、チャートに7週間費やしたDownbeat Magazineは "Sounds of the City"を "彼らの率直なスタイルのための満足のいくドキュメント"と呼んでいます。

リーダー/作曲家/ベーシストJohn Kolivasは、1980年代にニューヨークで8年間ジャズやブロードウェイのショーを演奏した地元のハワイの製品です。ジョンはベニー・ゴルソン、ラリー・コリェル、オゾン・マコト、ドン・グルザン、ヴァレリー・ポナレフ、ジョージ・ベンソン、グレイディ・テート、ロビン・ユーバンクス、エリック・マリアンタール、ハーブ・エリス、バド・シャンク、リッチ・コール、タイガーオコシ、ゲイブ・バルタザール、Keolaと共演しました。 Beamer、Raiatea Helm、Keali'I Reichel。ピアニスト兼作曲家のDan Del Negroはシカゴ南部出身で、彼の周りの素晴らしいジャズシーンを吸収しました。 DanはHerbie Mann、Vinnie Coliuta、Eric Marienthal、Tiger Okoshi、そしてNestor TorresとLarry Coryellと仕事をしました。ハワイ生まれのサックス奏者Tim Tsukiyamaは、ロイヤルハワイアンバンドのメンバーで、Ray Charles、Dee Dee Bridgewater、Bunky Green、John Pizzarelli、The Temptations、そしてKalapanaと共演しています。カンザスシティ出身のDrummer Von BaronもBerklee College of Musicに参加し、Jeff Hamiltonの学生でした。 Adamは、Shelly Berg、Hiroshi Hata、Carlinhos de Oliveira、およびMatt Catingubとプロの仕事をしてきました。

Share:

COMPLETE SHOW SCHEDULE 

Honolulu Jazz Quartet: Hits From The '60s & '70s