-
Ticket Price

GA $35.00

LAを拠点とするバンド、Something CorporateとJack's Mannequinによる感情的で鋭いロックを生み出すことを念頭に置いて、2014年頃、多才なピアニスト、Andrew McMahonのために大きな変化が起こりました。たくさんの開かれた扉も圧力をかけました。マクマホンは本当に荒野で活動していました。それは同時に恐怖と解放をしていた美しさと野性のための適切な記述子でした。 McMahonが彼の創造的なオープンドアを通り抜けたとき、彼は疑問に思いました、「私が14年、15年後に音楽を作るのはどのように見えるのですか?」彼の答え:そしてそれは精神的に充実したものであり、純粋に芸術的な努力であり、商品ではないのです。」

その存在意義は、マクマホンの第3のフルレングスの 『荒野』リリースで、「アップサイド・ダウン・フラワー」で一周する。本作はButch Walker(ピンク、ウィーザー、パニック!At The Disco)、そしてゲストのキーボード奏者Roger Joseph Manning、Jr. of Beckの名声と共に、アルバムでドラム、ベース、ギターも演奏しています。エミー賞を受賞した、Tony&GrammyがAbbey Roadでアレンジャー/作曲家Rob Mathesをノミネートしました。 "Upside Down Flowers"の11曲は、ソングライターが10代の頃家族と一緒に住んでいた近所の郷愁の中で、カリフォルニア州マクマホンのオレンジカウンティのホームスタジオで始まりました。例えば、地元の歴史や歴史が感動的な自伝的なアルバムオープナー「Teenage Rockstars」に影響を与えたとしたら、McMahonが説明するように、コラボレーションも重要でした。ピアノの後ろに座っていて、内側を見て想像力豊かになることを強要していたことから始めて、いつも私を刺激してくれたものに戻ります。私がこれまで自分の記憶を深く掘り下げることはめったにありませんが、「オハイオ州」の場合、その呼びかけには答えられない可能性がありました。歌はオハイオ州の小さな町からカリフォルニアの海岸への私の家族の巡礼についてです。私はそれを巡礼​​と呼んでいます。少なくともそういうわけで、私はそれを覚えています。逃げるのは一つのことだと思いますが、運命の手のように感じるものによって道に引っ張られるのも別のことです。」

Share:

COMPLETE SHOW SCHEDULE 

Andrew McMahon In the Wilderness